S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

新・東京スピニングパーティ2017

IMGP0583.jpg

9月10日は、15回目を迎えた『糸紡ぎその他もろもろ』のイベント《東京スピニングパーティ》へ。

-workshop GRASS HEART-のブースでは、久々に矢田十四子先生にお会いしました。
小さな体に技術とバイタリティーをぎゅっと詰め込んだ姿は、いつみても元気をもらいます。

IMGP0570.jpg

アルパカの原毛を2種購入。

IMGP0574.jpg

細くて、柔らかくて、しっとり。

IMGP0580.jpg

イベント終了間際という事で、
「これぐらい紡いでね♡」
というありがたい言葉と共にサンプルもつけてもらいました。

細く紡いでそれを双糸にしながら、かつ柔らかい。
これはなかなか難しい。
人参のごとく、目の前にぶら下げて精進します。







紡ぎ車 部品交換


糸を紡ぎ始めてそこそこになるが、きちんと習った事はなく、
「なんとなく」と「こんな感じ」でそれなりに続けていた。

そこで先日、『アナンダ』吉祥寺店の【糸紡ぎ講習】に行ってきた。

基礎から色々教えてもらったが、
一番の収穫は、そんなに細かくこだわらないという事。

ネットで調べても、様々な情報があふれていて、
本当にそこまでしなければいけないのかの判断がつかないという事が多いが、
押さえておく事と、気にしないでいい事がわかり、
モヤモヤっとしたものが取れたよう。

そして帰ってからも、心機一転、シンプルにひたすら練習していると、

IMGP0529.jpg

折れた!

IMGP0541.jpg

ペダルのゴムの部分がポキっと。
何年も使っているので逆によく持った方だと思う。

IMGP0550.jpg

アナンダに注文し、届いた新品(右)
「コンロッドジョイント」と言うそう。

IMGP0553.jpg

IMGP0559.jpg

次折れる頃には、自分の技術はどのくらい上がっているだろうか。
楽しみだ。

草木染め さくら編(枝)


もうすぐ梅雨の時期、遅ればせながら羊毛の『さくらの草木染め-枝版-』
タイムリーに見ている方も少ないと思うので気にしない。

3年ほど前に「さくらの草木染め-花びら編-」をやっていますが、
フツーの草木染めって感じの色で落ちついてました。

とりあえず拾ってきた前回の花びらとは違い、今回は待望の『枝』
被染物は羊毛(コリデールのトップ)、アルミの後媒染。

IMGP0424-_convert_20170613091434.jpg

IMGP0432-_convert_20170613091418.jpg

剪定ばさみで地味に細かく切る。
枝の量は50gあったので、生の枝の場合、
被染物(羊毛)は半分の25g

IMGP0462-_convert_20170613091335.jpg

染液はアルカリ抽出のための重曹を入れ(水170mlに対して重曹0.5g)、
30分沸騰させ煮出す×3回(約500ml)。
煮出し後、80%酢酸(1滴ほど)を加える。
染液の色は花びらと同じような感じ。

IMGP0466-_convert_20170613091256.jpg

〈染色〉
煮出した染液に水を加えて1.5Lにして、
40度の状態で羊毛を入れ15分で沸騰、そこから更に中火で30分煮る。

2時間ほど放冷(そのまま温度が下がるのを待つ)し、
同じくらいの温度の水ですすぐ。


〈後媒染〉
生みょうばんを羊毛に対して7%(1.78g)
酒石英を生みょうばんの1/3(0.58g)
↑ボールで溶かし水を加えて750mlにする。
40度で染色済みの羊毛を入れ15分で沸騰、そこから更に中火で30分。

一晩放冷しすすぐ。

IMGP0521-_convert_20170613091216.jpg

上記のレシピの物を(規定量)
余った染液で羊毛を50gにして同じように染めた物を(残液使用)

IMGP8584_convert_20140929070608.jpg

これが前回の花びら抽出。

IMGP0524-_convert_20170613091313.jpg

今回はかなり桜っぽい仕上がりになりました。
本当は開花前の枝が良いとのことですが、残液の方が理想の色に近いので、
力を抜いて、花を楽しんでから染色ってのも良いかもです。

クラフトフェア飯田 2017』


5/20(土)・21(日)で長野県 飯田市の『クラフトフェア飯田』に行ってきた。
chiot.Rの運転手として、夜中2時から中央道を西へ走る。

IMGP0481-_convert_20170530062845.jpg

IMGP0477_convert_20170530062646.jpg

当日は快晴、と言うよりほぼ夏。

IMGP0485-_convert_20170530062824.jpg

会場は、かざこし子どもの森公園。
起伏に富んだ快適で自然豊かな所。

IMGP0513-_convert_20170530062902.jpg

3才の子供もいるので、遊具のあるエリアに出展。

IMGP0491-_convert_20170530062718.jpg

旭山動物園の行動展示のような巨大な遊具が素晴らしい。

IMGP0509-_convert_20170530062633.jpg

IMGP0510-_convert_20170530062734.jpg

IMGP0511-_convert_20170530062752.jpg

エリアは9つあり、様々なジャンルからなる180組の作家、店が参加

IMGP0514-_convert_20170530062617.jpg

今回、ロケーションや雰囲気もさることながら、
何より素晴らしかったのは ”スタッフの皆さん”でした。

大きなイベントだと、どうしてもアルバイトのスタッフの手際の悪さが目立ちがちですが。
今回は、ボランティアも含めとてもスムーズで、対応も気持ちのいい方々ばかり。

炎天下の中、最後まで元気で爽やかな笑顔。
それだけで出て良かったと思えます。

また、暑い中、手紡ぎ糸を購入して下さった方もいらして感謝です。
ありがとうございました。


かぎ針『アミュレ』Clover


かぎ針はクロバーの「アミュレ」を使っている。

IMGP0380_convert_20170222055105.jpg

金属のシンプルなかぎ針だと、手が大きいためか指が痛くなってくる。
以前麻糸を編んだ時は、金属かぎ針をスポーツ用のテーピングで巻いて、
持つ所を太くして使っていた。

IMGP0369_convert_20170222055049.jpg

これは持ち手が太く少しの力で編めて疲れない。
腱鞘炎に苦しんでいる人にも良いのではないだろうか。

ただ、深く差し込む編み方の方は、持ち手のゴムで止まってしまうので
編みづらいかもしれない。

IMGP0336_convert_20170222055028.jpg

かぎ針は2号〜10号までの10種。

IMGP0390-_convert_20170222063436.jpg

IMGP0397-_convert_20170222063409.jpg

ケースは帆布のペンケースを使用。

IMGP0364_convert_20170222054956.jpg

オススメです。

| HOME | NEXT